【2016】おすすめの在宅ワークはこれ

2016年に挑戦するならおさえておきたい在宅ワークを集めました。

*

月収5万円稼げる!おすすめの在宅ワーク

近頃の多様な生活形態を反映し、在宅ワークもずいぶんと種類が増えてきました。
専業主婦はもちろん、学生やお小遣いを増やしたい会社員にも、在宅ワークは広がりを見せています。

種類も豊富なら、稼げる額もさまざま。
ここでは、手堅く月に5万円以上稼げる在宅ワークをご紹介しましょう。

在宅ワークの基本!? 手作業内職系で稼ぐには

まずは、手仕事が主流のお仕事からみてみましょう。

今一番稼げるのは、携帯電話や小物などに装飾を施すデコアート。
がんばれば、なんと月に平均20万円も稼げるそうです。
もうここまでくると、職人の域ですよね。

次に、賞状書士で10万円、テープ起こし6万円、と続きます。
そのほかは内職として馴染みのある、箱の組み立てやティッシュ広告入れ、シール貼りとなり、稼げる金額もグンと少なくなっていきます。

思ったより稼げる職種もありますが、報酬が高いのは、優れた技能やセンスがなくてはならないものや、材料や製品を置いたり作業したりするスペース、材料や製品の運搬の手間などが必要だったりと、誰でも気軽にできる仕事ではありませんよね。
それに、季節や流行廃りなどの影響を受けやすく、中にはずっと続けていかれるか不安な仕事もあります。

手軽に稼げるイマドキの在宅ワーク

内職系はかなり稼げる職種もあるものの、それはほんの一握り。
そして利便性と安定性に疑問を抱いてしまうものが少なくないようです。
また、道具類など元手がかかるものは、その販売をめぐって詐欺が横行しやすい環境でもあります。

その点、インターネットを使ったモニターバイトは、元手がかからずにすぐに始められる在宅ワークとして、近年急激に人気を集めています。
企業が商品開発をしたり、マーケティングに工夫をこらしたりすることはこれからもなくなることがないので、モニターバイトもいつまでも廃れることなく続いていくでしょう。
つまり、安定性もバッチリなのですね。

モニターバイトと一口にいっても、アンケートモニターや商品モニター、食品モニター、ミステリーショッパーなど、さまざまな種類があります。
そしてモニターバイトとモニター希望者をマッチングさせるリサーチ会社のモニターサイトもたくさん存在するので、それらをこまめに利用すれば、月収5万円も夢ではありません。
現に、5万円以上稼いでいるモニターが大勢出てきています。

ちょっとした空き時間でできるモニターバイトは、現代の代表的な在宅ワークです。
登録も簡単にできますので、気軽に始めてみてはいかがですか?

公開日:
最終更新日:2016/05/11